2020.01.18ローソク岩にて

オオワシもシベリヤから越冬しに来島する季節。
2018年1月18日に僕たちは移住した。
今日で丸2年。


移住した日は驚くほど穏やかな日で、引っ越しもスムーズ。
しかしその翌日から4日間フェリーが欠航し、買い物に行っても、食べ物が全く手に入らないという島の洗礼を受けた。 それと同時に、島民の方が食料を分けてくれて心が温かくなったのが懐かしい。


さて、この二年間を振り返って最初に頭に浮かんでくることはなんだろう。
色々有りすぎてこれってのが出てこない。
でも確実に言えることは、


「目の前の日々に必死だった」ということ。


まず島の暮らしに慣れること
移住とほぼ同時に受け入れが始まった「島留学生」の島親としての責任
全く経験のない「ゲストハウス」経営
師匠のいない「体験型アクティビティ」の開発とブラッシュアップ
3児の父として子どもと過ごす日々

第三子つむぎ


挙げればきりがない。
スローライフとはほど遠い暮らし。
でもどれも自分がやりたくてやっていることだから頑張れたし、 そんな日々が幸せでした。
いつも支えてくれる妻をはじめ、家族に感謝です。
今年も色んな方との出逢いがあると想像するとワクワクしてくる。

ただ、2年間暮らしてみてキレイゴトだけじゃない部分も見えてきた。
何があったかは言う必要もないのでわざわざ触れないけど、辛かった経験から再確認したこと。
それは、

「自分で見て、感じたことしか信じない」

「思ったことは直接伝える」


もっと言うと、人のいい話は信じたいし聞き入れたいと思う。
でも、だいたい耳に入ってくるのは人の悪口。
僕は移住したときから 「あの人はこういう人だから気をつけなよ」と親切心からか言ってくれる方には、 丁重に「先入観無しで自分で判断していきたいので、そういう話はしないでほしい」とお断りしてきました。


でも実際に、自分が根も葉もない噂話で傷つけられ被害者になると、余計そう強く思った。
噂なんて又聞きの又聞きの又聞きで、何が真実かもわからない人たちが人のことをとやかく言う権利はないと思う。 しかも又聞きで悪口を言われると、何倍もモヤモヤするし傷がつく。
だから僕は引き続き、「自分で見て、感じたことしか信じない」「思ったことは直接伝える」ようにしようと思う。


ガンジーも言っていた。

ガンジー
”Be the change you want to see in the world”
(あなたが見たい世界に、まずはあなたがなりなさい)


僕は、逆に話にあがるのは注目されているんだと前向きに考えるようにしているし、この経験を力に変えようと思っているけど、実際は心が折れてしまう人が多いと思う。(僕も何度も折れかけた)
だから、ただでさえ人口減少ワースト1位を走っている奥尻島は、 自分たちで(実際は一部の人だと思うが・・・)自分たちの首を絞めていると思う。

僕は自然いっぱいの奥尻島も心優しい島民の方々も大好きだ。(一部の悪口人間は除く。笑)
だからこの島がより暮らしやすい場所となるようにしていきたいし、
島の存続に微力ながらも貢献できるように、力をつけて宿の経営も頑張っていく。

アクティビティも盛り上げていきたい!!

若干暗い話になったので、話を変えて。
僕が移住前にできなくて、今できるようになったこと。

簡単な釣り
生きた魚を捌ける
食べ物の旬がいつなのかイメージが持てる(これめちゃくちゃ大事)
肌感覚で季節や天候がわかるようになってきた
チェーンソーが使える
薪割りができる
薪ストーブを自由自在に扱える
SUPやカヤックができる
ブナの森について詳しくなった
しいたけ栽培
家庭菜園
HP作成
ねずみと格闘。笑

自然と共に暮らしているからこそ、自然と身につくことがある。
できなかったことができるようになるのは何歳になっても嬉しいことだし
親として子どもたちにも 「生きること」を暮らしから自然と学んでいってほしい。


将来、子どもたちは自分の住みたいところに住めばいいと思っている。
でも自然の中で暮らすことを知っているのと知らないのとでは、 まるで思考回路が変わってくるはず。

自然とあまりにも乖離して暮らしている人が多い今日。
ついつい「自然があってこそ生きられていること」を忘れてしまいがち。


奥尻生活3年目も楽しみながら 「できること」を増やして、
子どもたちや旅人と自然の中で暮らす素晴らしさを共有できたら幸せです。


引き続き、imacocoファミリーをよろしくお願いいたします。

5人家族になりました(^^)
コメント一覧
  1. アバター KOJI TAKAYA より:

    最近会えてないけど、朗らかな気持ちにさせてくれてありがとう!応援してる!

  2. アバター 加藤康之 より:

    いつも自分で考え、やり切っている雄斗を誇らしく思っています。最近30代で起業して頑張っている素敵な若者達と交流する機会が増えているので、雄斗とも繋げていけたらと思っています。そのうちふらっと遊びに行きます。

    • YUTO YUTO より:

      加藤先生、いつもありがとうございます!
      熱量のある方々とコラボして化学変化してくのが楽しいです。
      また、加藤先生にもお会いできるのを楽しみにしています!

  3. アバター YUIKO EDAMOTO より:

    YUTOさん
    とっても共感できる!
    自分の目て、感じた事しか信じない…

    霧で行く事の出来なかった奥尻
    教えてくれた函館で、素敵な女の子に逢い
    先日、逢いたくて行ってしまいました!

    今年は絶対リベンジします 
    早く逢いたいなぁ〜

    • YUTO YUTO より:

      YUIKOさん!! 
      ありがとうございます!
      函館で素敵な出逢いがあったようで僕も嬉しいです(^^)
      まだ会ったことないのに勝手にお会いしたことがある感覚です。笑
      今年は家族でお待ちしています♪

  4. アバター アーコ より:

    ゆーとくん。本当に島に来てくれてありがとう。
    でも大変なこともあるよね。
    それでも何でも一生懸命にやってるのみると本当に尊敬するし、何か手伝えることがあれば!といつも思ってます。
    ここは限られた地域でほとんどが顔見知りだからね、良いところも逆に悪いところも沢山あるよ。
    だから生まれ育った場所だけど、そーゆーのは本当嫌い。
    それは他の地域から来た人は、更に感じることだと思う。
    来るもの拒まずのような雰囲気で、それは自分の都合の良い人だけをって部分が多々あるからね…。
    それでもゆーとくんは島にいてくれること、島の為に色々してくれてること頭が下がります。
    これからも楽しいこと沢山していこうねー!

    • YUTO YUTO より:

      アーコちゃん、いつもありがとうね。
      八方美人でいるより、自分に素直でいたいなと思うよ。
      奥尻島も島の人も大好きだしね!
      ただ陰で何言われてるかわからない怖さはある。笑
      もっといい噂がたくさん聞こえてくる島になればもっといいのにな〜
      これからもよろしくね(^^)

  5. アバター やっさん より:

    めちゃくちゃわかる!!でも大丈夫!
    この発信も含め、共感し応援する人は沢山いるだろうし、
    その人を大切にしていけば良いさ

    また必ず行きます!

    • YUTO YUTO より:

      やっさん、ありがとう!!
      周りの顔色ばかり気にしないで、ある程度
      「自分はこう思う」っていうのを発信するのも大事かなと思って
      勇気を出して書いてみた。
      また待ってるね。いつもありがとう(^^)

  6. アバター 杉本 拓也 より:

    全くもってその通りですね。共感しました。
    特に人間関係の固定化しやすい『せまい社会』は往々にして悪口を発信する方と出会いやすいと感じます。
    人間誰しもミスはあり、長く付き合えば利害関係からいざこざになる可能性も高まるため、そうなりやすいのでしょう。

    じゃあ自分はどうなりたいか?
    朱に交わり赤くなりたいのか?
    私は理想の人間尊重の精神を求めて生涯を終えたいと思います。

    三児のパパ
    私のところももう少し大きくなったら息子に自然を先生に学んでもらいたいので遊びに訪れますその時はよろしくお願いします(^^)

    • YUTO YUTO より:

      杉本さん、コメントありがとうございます。
      せっかく生きているんだから少しでも心地よい環境で暮らしたいものです。
      まずは自分が染まらないことですね。
      ぜひ、遊びに来てください。
      釧路とはまた違う大自然が広がっています。
      僕たちも家族でお待ちしています。

コメントを残す

関連キーワード
ゲストハウスの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事