YUTO
1988年札幌生まれ。サッカーに青春をかける。その後バックパッカー、人力俥夫、高校教師を経て2018年1月に奥尻島に移住。同年4月に「出逢いと感動体験は人生を豊かにする」を信念のもと、念願のゲストハウスをオープン。 2021年には「北海道知事認定のアウトドガイド」として活動し、年間500名以上をガイディング。「自然講師」として島内の小学校〜高校までの教育活動に携わる。また全国から大学生を受け入れ、「奥尻島を知り、ファンになってもらう」未来への種まき活動を継続中(総勢100名以上)。 同年9月に完成した「多目的シェアハウス~cocokara~」のコミュニティマネジャーとして、移住者の受け入れにも力を入れている。 2023年から海ゴミのアップサイクルに取り組み、海洋プラスチック問題への興味関心を持つきっかけ作りに挑戦中。 「人と自然」「人と人」を繋ぎ、奥尻島の魅力をお伝えするのが、島唯一のネイチャーガイドである僕の使命であり、生き甲斐でもある。 北海道知事認定アウトドアガイド(自然)(ATガイド)/ マインドフルネスプロ講師/ 奥尻島観光協会副理事長/ ネイチャーサウナ協会会員/ 日本SUP指導者協会バッチ検定1級/ セーフティプログラムアドバンスコース合格
YUTOの記事一覧
【島に在住する唯一の現役大学生】
【マインドフルネスプロ講師になりました】
【年男、7年目の豊富】
【終わり始まり】
【島内の学校に関わり続ける理由】
【なぜ大学生ボランティアを受け入れ続けているのか】
【教え子が奥尻島へ移住】
【北海道知事認定アドベンチャートラベルガイド】
【海洋プラスチック問題と向き合う】
【奥尻ネイチャーサウナ誕生】