※希望者の受付は2020年5月6日に一旦締め切りました。

僕たちは北海道の最西端に位置する離島、奥尻島に住んでいます。
そして奥尻島の中でも秘境、半径15km誰も住んでいない神威脇地区に暮らしています。
「3密」からはほど遠い環境です。

春のブナ林は気持ちがいい

多くの方は、コロナにより外出のできない日々が続いていると思います。
何を持って収束と言うのか。
いつまで耐えればいいのか。
どう変化していくべきなのか。
不安でいっぱいの方もいると思います。
未来のことなど考えられないほど、目の前の暮らしに精一杯の方も大勢いると思います。
観光と漁業の町、奥尻島も例外ではありません。僕たちも現金収入はありません。

ガランとしています(泣)

しかし、幸いにもココ奥尻島は海あり山あり、大自然に恵まれた環境です。
幼稚園は休園となっていますが、外でおもいっきり子どもたちと
一緒に遊べる環境に改めて感謝しているところです。

日が暮れるまで海辺で過ごす

お金を支払って食材を買うことは減りましたが、
旬な食材を海や山からいただきながら、家族みんなで幸せに暮らしています。
お陰様で「食べるために始めた釣り」でしたが、
今は「釣ること」が楽しくて、毎日子どもたちと釣りをしています。笑

自分たちで食材を「探して」「採って」「調理して」「食べる」
このストーリーに豊かさを感じています。
すごく夢中になるし、時間があっという間に過ぎていたりする。
マインドフルネス「今ここを生きる」ってやつですね。

このような豊かな環境があるからこそ、
僕は奥尻島で子どもを育てたかったし、暮らしたかったので3年前に移住しました。

採る+調理する+食べる=生活
息子も負けじと採ってきます
全て自給(椎茸、アサツキ、ホッケのすり身)
ホッケのすり身汁。これを「贅沢」と僕は思う。

この価値観は

Beforeコロナも、Withコロナも、After コロナも変わらないでしょう。

旬なものはその時期に必要だから存在してくれている。

そして、ふと気づきました。

「リフレッシュしたい」けど「外出すらできない」
そういう状況下の方が多い時だからこそ、
今僕たちにできること。

微力かもしれませんが、、、

奥尻島の旬な食材を希望される方に無料でお届けしようと思います。

(着払いになってしまいますが、それでも欲しい方は遠慮なく手を上げてくださいね)

僕は漁師さんではないので、奥尻島の海の幸をお届けすることは難しいですが、
山の幸や妻の作ったお菓子などで、みなさんが少しでも明るい気持ちになれたらと思います。

5月中にお届けできそうな山菜は(発送する時期によって採れないこともあります)

カタクリ
フキ
ウド
コジャク
タラの芽

奥尻島に来ることが実現できなかった方々にも
「奥尻島」が少しでも届けばと思っています。

世の中は強制的に変化を強いられ、急速にオンラインにシフトしています。
それはそれで素晴らしいことだと思います。
僕も時代に合わせて柔軟に変化していく気満々です。
新しいこと、変化すること、大好きです。笑

でも僕はやっぱりオフラインが好き。これは変わらない。
オフラインあってのオンライン。

いつかみなさんと、元気に奥尻島でお会いできる日を楽しみにしています。

僕たちは元気です

では興味のある方は、お気軽に僕までDMくださいね。
(旬が過ぎるとお届けできなくなるので、お早めに!!)
お待ちしています^_^

p.s. 好評であれば別の時期にもやってみようと思います。

*追記(5月6日)
《imacoco商品券のプレゼント企画立ち上げました》
【Afterコロナに向けて、「今」僕たちができること】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事